翼を授ける「あかべこ」

b0034897_14485051.jpg
2018年
ホンダがエンジン供給しているトロロッソとはイタリア語でスクーデリア (Scuderia)は馬小屋や厩舎から転じて「チーム」、トロ (Toro) は「(去勢されていない)雄牛」、ロッソ (Rosso) は「赤色」を意味し、英語に訳すとTeam Red Bullとなる。コンストラクター(シャーシ)銘柄はSTRと表記される。

そう、イタリアの赤ワインはロッソ (Rosso) と書いてあるよね。
フランス Vin rouge(ヴァン ルージュ)
ドイツ Rotwein(ロートヴァイン)
スペイン Tinto(ティント)
アメリカ Red(レッド)

あははははは、また酒の方に話題が変わりそうになった。

レッドブル は、オーストリアのRed Bull GmbHが販売する清涼飲料水である。
タイ人創業者のChaleo Yoovidhya がタイ王国で見出した Krating Daeng という清涼飲料水を元に作られた。

レッドブルはジャガー、ミナルディを買収しレッドブル・レーシングとスクーデリア・トロ・ロッソという2つのF1チームを保有していてトロロッソはレッドブルの弟分になるチームである。さらに下位にあるジュニアチーム所属者はこれらのチームのリザーブドライバーやテストドライバーを経験してからトロ・ロッソでF1デビューを果たし、実力と運があればトップチームのレッドブル・レーシングへ昇格するチャンスを得る。


レッドブルは最高のシャシーを持っている。同じエンジンのワークスルノーとマクラーレンの結果を見れば一目瞭然だ。
レッドブル・レーシングがシーズン最後の数戦でルノーの最新スペックのエンジンを使用してメルセデス、フェラーリに肉薄したが、ホンダがF1日本GPから実戦投入した“スペック3”はルノーよりも先行していると主張する。
「我々がどのようなことが進行しているかを見聞きしている。結果もひとつのことだが、ストップウオッチは決して嘘をつかない」と言っている。

ホンダは最終戦アブダビGPで来季トロロッソからレッドブルに移籍するピエール・ガスリーのエンジンが故障してシーズン最後を締めくくることはできなかった。ガスリーのリタイアの原因はオイル漏れによるものだとされているがホンダが原因でのリタイアは、2017年仕様のMGU-Hが故障した開幕戦オーストラリアGP以来の事だった。

ホンダのプレッシャーは大きいがレッドブルは翼を授けてくれるエナジー・ドリンクメーカーだという事を忘れてはいけない。(笑)

馬より速い牛ってのがユニークだね。

[PR]
トラックバックURL : https://minabozu.exblog.jp/tb/28920090
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by minabozu | 2018-12-01 14:57 | モータースポーツ | Trackback | Comments(0)

釣れなくても幸せ!


by minabozu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31