しつこいマクラーレン

しつこいね。

来月には2018年のレースが開幕するというのに、マクラーレンはいまだにホンダの悪口を言っている。
そしてルノーのパワーユニットに過大な期待を持っている。

ルノーのパワーユニットはメルセデスやフェラーリと比べ、まだまだパワーが不足している。
ポイントが得られたのはマクラーレン・シャシーのおかげだと主張してきたが、


F1復帰初年度の2015年、ホンダはマクラーレン側からの要望で「サイズゼロ」と呼ばれるエンジンコンセプトを採用した。
エンジン本体を極限にまで小さくし車体のパッケージングを優先するのがその目的であった。
このコンセプトには限界があった。パワーユニットの小型化は、パワーを上乗せするターボチャージャーやハイブリッドモーターの出力を制限してしまう事になり、パッケージングのアドバンテージではカバーできない損失を生むことになった。
昨年はエンジンの設計を大幅に変えたのだ。


F1ブラジルGPではフェルナンド・アロンソが予選で7番手タイムをマークし、決勝では直線スピード不足に苦しみはしたものの、トラブルのないレースで8位入賞を果たした。 レース後、フェルナンド・アロンソは「パワー不足は信じられない」「来年のトロ・ロッソがかなり心配になる」とホンダのF1エンジンに不満を露わにしていたらしい。


マクラーレンは他のどのチームよりもダウンフォースを生むリヤウイングを装着してきた。
当然コーナリングスピード向上には役立ったがストレートで遅い。
高速サーキットのモンツァですら、マクラーレンはライバルたちよりもリヤウイングを重くして走っていた。
シャシーのダウンフォースが足りないのでリヤウイングを立てる。

ルノーのパワーユニットを使用していたトロ・ロッソは、シーズン後半にルノーのF1パワーユニットの信頼性に苦しんだ。
グリッド降格ペナルティが蓄積されていった。彼らはほぼ常に後方からスタートしていた。
シーズン後半からトロ・ロッソに加入したピエール・ガスリーとブレンドン・ハートレーは気の毒なほどだ。
ブレンドン・ハートレーは出場した全4戦でグリッド降格ペナルティを科せられている。

今年はフェルナンド・アロンソがトヨタ(TOYOTA GAZOO Racing)からWECに参戦する。
ル・マン24時間レースでもまた「ノーパワー!」と言う雄叫びが聞けるかもしれないよ。

b0034897_18590429.jpg

わしにとっては2018年からグリッドガールを廃止する方が残念でならない(笑)

[PR]
トラックバックURL : https://minabozu.exblog.jp/tb/28068183
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by minabozu | 2018-02-03 19:02 | モータースポーツ | Trackback | Comments(0)

釣れなくても幸せ!


by minabozu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30