C55

C55

自分の一番好きな蒸気機関車であった。
それもオリジナルのデフ付きC55の方が九州の門鉄デフの物よりカッコよく思えた。
b0034897_09573508.jpg
(門鉄デフのC5557号機)

C55は1935年(昭和10年)から製造、3次に分けて合計62両が製造されている。
63号機以降も一部設計変更のうえで本形式が増備される計画であったが、設計変更が多く63号機はC57形という形式になる。
だからC57もデザインは基本的に同じである。

決定的な違いはスポークタイプの動輪。
鋳鋼製の動輪でスポークのリム部分には、「水かき」と呼ばれる補強されている。
後に設計されたD51形・C57形からはアメリカ流のボックス型動輪を採用することとなり、本形式は日本の本線用大型蒸気機関車としては最後のスポーク動輪を持つ機関車となる。

C55のルーツは1930年代に入り旅客輸送の強化を目的として、線路等級の丙線規格に入線可能なC51形の後継機種の製造が計画された。

最初に設計されたC54は、ボイラー圧力の高圧化と過度の軽量化のため空転を頻発するなど、乗務員からの不評から、わずか17両で生産が打ち切られた。

そこで、丙線規格の各線で不足する旅客列車用機関車を補うべく設計されたのが本形式C55である。棒台枠など新しい技術を取り入れたものであった。
b0034897_10014332.jpg
北海道ならではの密閉キャブ改造、スノープラウが付いて冬のC55はカッコイイ。

b0034897_10023569.jpg
同じ50号機でも夏の雰囲気とはこれほど雰囲気が違う。

1935年(1次形): 1 - 19(19両)
1936年(2次形): 20 - 40(21両)
1937年(3次形): 41 - 62(22両)

この50号機と九州の57号機は3次形にあたる。

宗谷本線では他にも47号機
b0034897_10060201.jpg
30号機(2次形)
b0034897_10075809.jpg
2次形のC55は流線形に改造されたものもある。これは美観とともに高速化に伴う空気抵抗を減らすことを目指したものだったらしいが、様々な部分が覆われているため、整備点検の際にはそれらを取り外すか点検蓋を開けメンテナンスに手間がかかり、現場では評判が悪かったらしい。

私には美容整形した「ゲテモノ」にしか見えなかったな。

[PR]
トラックバックURL : https://minabozu.exblog.jp/tb/26446512
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by genma at 2016-12-11 17:23 x
自分はそんなに鉄道史にもSLにも詳しくないけど、なんでかなぁ、いつも写真を見てると胸に込み上げるものがあるんだよなぁ、、、(・・; やっぱ蒸気機関車で旅した想い出のなせる業なんかね。 良い時間をたくさん過ごして来れたんだなって憧れかも… σ( ^ー゚
Commented by minabozu at 2016-12-11 19:15
いえいえ、ただ好きな物は死ぬまで好きというシツコイ性格なのです。自分の好きな物、事を表現できる方法が残された写真なのです。
フライフィッシングは、まだ細々と現在進行形ですが想い出は蒸気機関車以上ですよ。^^
Commented by genma at 2016-12-12 16:22 x
その貫き方が、価値観の揺ぎ無さがカッコ良いのだなぁ、やっぱり。 記憶力の良さもずば抜けてるしね。σ( ^ー゚ マネできないよ。
Commented by minabozu at 2016-12-12 23:15
先ほど食べた物を忘れるほどの記憶力です。
マネはしないで下さい。(笑)
by minabozu | 2016-12-11 10:14 | 鉄道.蒸気機関車 | Trackback | Comments(4)

釣れなくても幸せ!


by minabozu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31