線路等級

私の蒸気機関車の写真はC60・C62・C59・D62・D52・E10・などの大型機関車の写真が無い。
好きな機関車があっても走れる場所が限られていて撮影が出来なかったのだ。

私の地元を走る常磐線ではC62が走っていたのだが、蒸気機関車に興味持った頃は常磐線は電化している。茶色い電車は松戸から金町に行く鉄橋へ行く途中の築堤で止まっちゃってね、電気機関車で牽引したりしている記憶がある。

そしてC62は函館本線、呉線での終焉を迎えている。

昔の鉄道省(戦後は運輸省)の国有鉄道建設規程で甲線、乙線、丙線に分類して線路種別と称し、日本国有鉄道になり各線区を1級線、2級線、3級線、4級線と分類して、線路等級と呼ぶようになった。

ちなみに私の祖母は省線と言っていたよ。(明治生まれでした)

線路等級は、年間の通過トン数と列車速度を基準にして線路を破壊する力を算出して決められ、道床の厚さや枕木の構造・本数などにより等級が分けられる。1級線、2級線、3級線、4級線は、それぞれ軸重が18t、17t、15t、14tに、最高速度が110km/h、100km/h、95km/h、85km/h(一般列車の基本値)に制限されるなどの相違がある。

大型機関車の馬力は大きいが重いので走らせるにはそれだけ頑丈な線路が必要だ。
利用度の高い東海道本線などは最高規格の線路と大型の機関車を投入をするが、支線系には低い規格の線路と軽い機関車となる。車輪1個あたりの軸重が重要ととなり大型で馬力のあるC62などは最初から、従台車にかかるバランスを調整して軽軸重にできるように設計されてた。


函館本線へ転出した時も軸重を軽くしている。

また、D50、D51、C59では軸重が重すぎて入れない路線でも従台車を追加すれば軽軸重にできるので、D60、D61、C60が誕生した。
b0034897_14333406.jpg
また乙線規格だから軸重14.6tのD51では走れるが、丙線ではD51は入れないために貨物も軸重の軽い旅客用のC57などに牽引させていた。


機関車  (炭水車込重)   全長
D51 14.63t 78.4t (125.8t) 19.73m
D61※ 13.76t 80.2t (127.6t) 19.78m
D52 16.56t 85.13t (136.9t) 21.1m
D62※ 16.22t 87.74t (139.7t) 21.1m
D50 14.99t 78.14t (127t) 20m
D60※ 13.73t 81.56t (130.5t) 20m
9600 13.41t 60.35t (94.8t) 16.56m

蒸気旅客
8620 14.35t 48.8t (73.3t) 16.76m
C57 13.62t 67.5t (115.5t) 20.28m
C62 16.08t 88.83t (151.1t) 21.47m
C59 16.17t 80.25t (139t) 21.36m
C60※ 15.00t 82.9t (136t)  21.36m

※従台車2軸化で軸重軽減
(一部は戦前型、戦後型と重量が違う)

D51はどこでもよく見る蒸気機関車だったなぁ・・・


[PR]
トラックバックURL : https://minabozu.exblog.jp/tb/26429185
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by minabozu | 2016-12-04 14:53 | 鉄道.蒸気機関車 | Trackback | Comments(0)

釣れなくても幸せ!


by minabozu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31