筑豊本線その参 筑豊の蒸気機関車

最近ではD50 D60と言えばニコンのデジタルカメラの事を思い浮かべる人が多いだろう。
ここでは蒸気機関車の話
D60形はD50形を改造して登場した。いわば兄弟みたいな蒸気機関車。
実は当時の国鉄の蒸気機関車はC55とC57、C62とD52もそうだ。
新しく設定するよりマイナーチェンジの方がコストも掛からないから当然だ。


b0034897_18401661.jpg
1951年(昭和26年)から1956年(昭和31年)にかけて、5年間で78両が改造された。
この数は60代形式(2軸従台車)の蒸気機関車では最多となる。
改造所は国鉄浜松工場、長野工場、土崎工場であった。

終戦数年後の1950年代、D50形・D51形など乙線規格の貨物用蒸気機関車は戦時中の大量生産と終戦、
また戦後の電化の進行に伴い、余剰状態となっていた。
一方で、丙線区の貨物列車は当時は9600形やC58形が牽引していたが、9600形は老朽化が著しく、
C58形は牽引力が不足しており、丙線区向け貨物用蒸気機関車については新形式の登場が望まれていた。
大正時代に作られたD50は造りの良い機関車だ。

そこで、余剰化していたD50形のうち、状態の良い車両を軸重軽減改造し、
丙線規格の機関車に改造することになった。

注:従台車とは運転席の下の車輪の事
b0034897_18184334.jpg
写真のD50140機は1軸
残念ながらD60の2軸従台車の写真は無い

D50形からの改造なので、動輪直径もD50形と同じ1,400 mm。軸配置は、従来の1D1(先輪1軸+動輪4軸+従輪1軸)のミカド形から、従輪を2軸とした1D2(先輪1軸+動輪4軸+従輪2軸)のバークシャー形とし、軸重をD50形の14.70 tから13.67 tに軽減した。
さらに軸重軽減による空転を防止するため、シリンダー直径を570 mmから550 mmに縮小したほか、出力低下を抑えるためボイラー過熱面積を64.4 m2から75.2 m2に拡大した。総重量(炭水車を除く)は81.56 t。D50形の先従輪には直径860 mmと970 mmの2種類があったが、このうち直径860 mmのものだけがD60形の改造対象に選ばれたらしい。
b0034897_18223601.jpg
8620
b0034897_18231256.jpg
9600
b0034897_18235841.jpg
D50
b0034897_18250162.jpg
D51(ナメクジ)
b0034897_18254474.jpg
D51
b0034897_18264924.jpg
D60

ひっきりなしに走ってくる筑豊本線は、石炭輸送のために九州ではじめて複線化され蒸気機関車の好きな者にはとても魅力的路線であった。
スポーク動輪の古豪が多い。
ちなみにC11 C55 C57も走っていたらしい。
b0034897_18343283.jpg
D51(ナメクジ)とD50の重連前のワンシーン

b0034897_18382449.jpg
さらば筑豊の蒸気機関車



[PR]
トラックバックURL : http://minabozu.exblog.jp/tb/26555843
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by minabozu | 2017-01-14 18:55 | 鉄道.蒸気機関車 | Trackback | Comments(0)

釣れなくても幸せ!


by minabozu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30