DF901

久しぶりに鉄道ネタである。
珍しいディーゼル機関車
b0034897_13523816.jpg

蒸気機関車に代わるディーゼル機関車開発に国内の車両メーカーは国鉄および海外への売り込みをしようと独自の機関車を試作して、これらの機関車は合計9形式が国鉄に借り入れられ、40代、のちに90代の形式を与えられて試用され、一部の形式は国鉄が正式に購入した。

昭和28(1953)年、新三菱重工で製作されたDD50形が戦後初めての幹線用ディーゼル機関車として北陸本線で活躍を始めた頃は、重連使用(重連でD51の1.3両分の性能と査定)が前提であり、まだまだ幾つかの問題を抱えていた。DD50形は後のDF50形の母体になったのだが、単機で幹線用蒸気機関車C62及びD52に匹敵する性能を持つディーゼル機関車の開発が急がれ、日立製作所が1956年(昭和31年)に本線の旅客・貨物列車兼用として製造したのがDF90形である。
翌1957年6月にDF901として国鉄が借入れ、常磐線の旅客列車に使用された。1961年(昭和36年)には国鉄が購入している。

※馬力の比較
C62 2163馬力(蒸気機関車)
DD51 2200馬力(国鉄時代のディーゼル機関車)
EF66 5299馬力(国鉄時代の直流電気機関車)
EF200 8252馬力(JRの直流電気機関車)
DF200 2609馬力(JRのディーゼル機関車)

当時本線用に川車・川重製のDF40(DF91)、汽車製DF41(DF92)が電気式で試作されたが1100~1200馬力程度の物で、国鉄が借り上げた後にメーカーへ返還。
(1962年に新三菱製1820馬力液体式DD91が試作され、後にDD54として量産化(1820馬力)

日立製のDF90形はこの中でも群を抜いた1680馬力の機関を持つ大型電気式ディーゼル機関車で、国鉄が借り上げた後、昭和36(1961)年には正式に購入されています。
箱型の両運転台式で国鉄EF58のデザインに似ている。
b0034897_13495749.jpg

EF58

水戸機関区に配置されて常磐線の急行列車を牽引して性能的にも優秀性が認められていたが、国鉄は1両のみの購入で常磐線電化後は秋田機関区へ転属。
1両のみで保守に手間が掛かるのと軸重が限度いっぱい(当時の奥羽・羽越本線は乙線区でMax15トン以内)の為、長い休止期間の後に昭和46(1971)年に廃車となった。

※DF90形主要諸元:
最大長(連結器中心間):16,330㎜、最大幅:2,944㎜、最大高さ:3,942㎜、
自重(運転整備時):90.0トン(実際には92トン超)、機関形式及び出力:西独MAN社ライセンス品
MAN形式V8V22/30形(日立製) 連続定格出力1,680馬力/900rpm 1基、
主発電機形式及び出力:EFC10‐SP 1,100kW/900rpm 1基
主電動機形式及び出力:日立HS‐274‐Ar‐17 165kW 6個(990kW)
最大運転速度:100km/h 台車:鋳鋼製3軸固定偏芯台車(C-C)、動輪径:1,000mm

しばらく東能代機関区に留置されていた。その後解体処分され現存しない。
[PR]
トラックバックURL : http://minabozu.exblog.jp/tb/24374889
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by genma at 2015-04-19 14:39 x
DF901カッコイイね。(^-^ この型好きだわ。
Commented by minabozu at 2015-04-19 16:24
蒸気機関車に興味があった時はディーゼル機関車など全く好きではなかったです。むしろ運行表で蒸気機関車が牽引するはずなのにDD51などが引っ張ってくる時がありましてね、本当にがっかりするのです。
しかし、なぜか東能代機関区で撮影しているのです。この写真は私が小学6年生~中学1年生の頃に写したものだと思いますので休止期間中なのかなぁ?廃車されるの昭和46年だとするとこの写真の2年位後に正式に廃車されたのではないかと思います。
Commented by genma at 2015-04-20 14:24 x
へえぇぇ、もしかしたら小学生なのね。(^^; 今更だけどびっくりだよ。宝物がいっぱい♪
Commented by minabozu at 2015-04-21 06:15
小学校6年生の夏休みでござんした。当時のネガが残っているのはある意味自分だけの宝物だったのかな。
by minabozu | 2015-04-18 14:00 | 鉄道.蒸気機関車 | Trackback | Comments(4)

釣れなくても幸せ!


by minabozu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31