C57 1号機

昭和12年3月22日、川崎車輛にて誕生。
同年4月4日に水戸機関区に配属。その後昭和14年11月に宇都宮機関区に転属した。昭和20年には宇都宮機関区の空襲に遭遇し機銃掃射を受け損傷している。

以後、戦後にかけて東北本線で使用され、昭和24年10月に千葉機関区に転属して普通列車の牽引に使用された後、昭和29年10月に新津機関区に転属して羽越本線などで使用された。新津への転属時には雪除けのためにキャブの屋根が延長され、ランボードにも新津機関区の伝統の白線が入れられた。昭和33年にボイラー載せ替えた。

昭和36年2月9日に、羽越本線村上駅 - 間島駅間にて急行「日本海」を牽引中、土砂崩壊現場に突入してしまったことで脱線転覆大破した。破損した車体は2か月以上にわたり事故現場に放置されていたが、4月27日に運び出され、長野工場で5か月に及ぶ修復を受け9月末に運用への復帰を果たした。

大破したC571号機が修復された理由として、トップナンバー機である事と当時は輸送力が不足気味で機関車が足りなかった事、ボイラーが新しかった事、台枠に損傷を負わなかった事である。先輪・先台車はC59戦前形の廃車発生品が数年間使用され、独特の丸穴ウェッブ付スポーク先輪をつけた姿が写真に残されている(その後C57形の廃車発生品に再交換された)。

事故から復旧後の同機は好・不調の時期が入れ替わっていて、当時の乗務員の感想は「乗務割りをもらうと憂鬱になるカマ」や「トップナンバーに恥じない優秀なカマ」などと評価が分かれていたそうだ。

b0034897_2095240.jpg

(今川信号所付近にて)

この写真の少し後だと思うが昭和47年3月14日の秋田行き821列車が最後の定期列車牽引となった。

昭和47年5月の新潟県村上植樹祭開催の際に、羽越本線の新津駅 - 村上駅間でのお召し列車牽引機に指定され、その直前に土崎工場全般検査を兼ねて特別整備を受けた。この際には各種ケーシングバンドの材質変更(鉄→真鍮)、煙室扉ハンドルの新製、手摺類の交換(ステンレス製)、ナンバープレート位置の下げ、砂箱前方の手摺の小型化、キャブ窓枠や、炭水車縁部への化粧板取付などの改装を実施している。現在のC57 1はこのときの名残を多く受け継いでおり、運転窓枠の金枠などがその証である。


お召し列車牽引後は、日出谷駅 - 新津駅間で数回特別運転を行った後、9月23日に佐倉機関区へ異動。

b0034897_20113957.jpg

(酒々井辺りだったと思う。お召し列車牽引機になり化粧された顔になっている)

千葉鉄道管理局管内で鉄道100年記念特別列車の運転を行なった後、10月3日に梅小路機関区へと移動し、10月10日の梅小路蒸気機関車館開館を他の保存機とともに迎えている。その後、一度も車籍を抹消されることなく、現在に至っている。

b0034897_20122454.jpg

(さらにナンバー・プレートが変更されている。)

写真はそれぞれ羽越本線、成田線、梅小路での写真である。
すでにC571号機の顔は羽越本線当時とまったく別物。ナンバー・プレートや煙室扉のハンドル、手摺だけじゃない。一番の違いは煤煙からの黒色がペイントの黒色に変わっている事。
74歳かい?けっこう若いんだ。お疲れ様。でもまだ働かされるのかい?
[PR]
トラックバックURL : http://minabozu.exblog.jp/tb/17200959
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by genma at 2011-12-06 01:35 x
C571号機かぁ、、、すごいね。
なんだか感動してしまった。゚(゚´Д`゚)゚ こんな機関車があったなんて
全然知らなかったし、、、教えてくれて感謝です。
Commented by minabozu at 2011-12-06 06:44 x
全ての蒸気機関車にも歴史はあるはずです。現在の梅小路に残っている機関車は大掛かりなレストアされているはずです。古いボイラーで亀裂でも入っては爆発しますからね。そういえば戦時設計のD52はボイラー接手を簡略設計したため溶接不良によるボイラー爆発事故を起こしているんですよ。
Commented by genma at 2011-12-06 09:56 x
へぇぇぇ、そんな事もあったのね。(・・;) 
いろいろ教えてもらえて干からびた脳みそがちょびっと湿って来たような気がするな。(^_-) 正確なトコはすぐ忘れるんだけど、イメージで残るからね。毎日楽しみになりましたよ。 ドモドモ。(^^♪
by minabozu | 2011-12-05 20:22 | 鉄道.蒸気機関車 | Trackback | Comments(3)

釣れなくても幸せ!


by minabozu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30