機関車の墓場

b0034897_1210986.jpg

b0034897_1211331.jpg


大宮駅に隣接して1894年(明治27年)に設立された「大宮工場」
記憶の中では工場に入る前に蒸気機関車の動輪が飾られてあった。

客車や貨車の修繕・補修から、徐々に蒸気機関車の製造も進められた。
昭和になり電化の進展により、用途廃止となった蒸気機関車が大宮工場でも数多く解体された。

電気機関車や電車はメーカー製造が多く、解体のほか再び修繕や改造の業務が多くなった。

JR化以降、自社内の車両製造の多くが新津車両製作所で行われており、車両解体業務も長野総合車両センターに移管されるなど、工場規模は徐々に縮小されているそうだ。

この写真はD52とデッキ付の電気機関車だ。
この電気機関車は調べみたけどわからない。
ご存知の方は教えてください。
[PR]
トラックバックURL : http://minabozu.exblog.jp/tb/17174235
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by minabozu | 2011-12-03 12:28 | 鉄道.蒸気機関車 | Trackback | Comments(0)

釣れなくても幸せ!


by minabozu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31